~ プロフィール ~
安達陽一
 
 
---------------------------

---------------------------
武蔵野音楽大学卒業後、オランダ・アムステルダムのスヴェーリンク音楽院合唱指揮科に2年間留学する。指揮法をDaniel Reuss、ルネッサンス音楽をPaul van Nevel、合唱指揮を関屋晋氏に師事。

96、97年オランダのユトレヒトで行われたサマーセミナー"Kurt Thomas Cursus"に参加し、クロージングコンサートの出演指揮者に選ばれ、オランダにおいてラジオ放送される。

帰国後、99年6月にフィンランド・タンペレにて行われた「International Choir Festival」於いて、東京女声合唱団と共に参加し金賞を受賞。

99年7月にはオランダ・ロッテルダムに於いて「Cappella Amsterdam」を指揮、バッハを演奏し好評を博した。

2000年9月にはスペイン・バルセロナで行われた「Folk Songs Festival」に東京女声合唱団と共に参加し銀賞を受賞。

03年には函館市主催の「廣瀬量平合唱の夕べ」において女声合唱を担当、指揮する。

05年8月京都に於ける世界合唱シンポジウムのオープンシンギングの講師を務める。

10年4月クロアチア合唱指揮者協会主催のシンポジウムの講師を務める。

現在、Fontana di Musicaを主宰。
朝日カルチャー(新宿)に於いて女声合唱の講師も務める。
日本合唱指揮者協会実行委員。